« January 2016 | Main | March 2016 »

February 26, 2016

Apartment Atti Cotti

横浜市都筑区牛久保町に賃貸の戸建てアパートが隣同士で2軒完成しました。
名前は駅に近い方が、Apartment Cotti、遠い方がApartment Atti。
2軒合わせてApartment Atti Cotti。
所在地は横浜と言っても、田舎。
でも、田舎だけあって、敷地は広い。
駅からちょっと遠いが、駐車は2台できるし、日当たりも良くのんびりできる。
子育てにはピッタリなパート。
興味のある方はリネア建築企画へどうぞ。

| Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2016

さよなら330ci

宮脇壇さんという建築家がいたが、
彼が事務所のTVを買う時に、
所員に「映らなくてもいい、格好いいのを買ってこい」と言ったとか。
映らなきゃ、TVじゃないけど、気持ちはわかる。

僕も車を買う時は同じようなもの。
車が好きな建築家は多いが、
彼らのように車の詳しいことはわからない。
そんなわけで、デザイン優先。
十数年前、草津白根山で本当に輝くように美しい車が止まっているのを見て、
あっ、これ!と決め、しばらくして買った車が、BMW330ci.

それから10年以上たち、そろそろ買い替え時かなと思っていたが、
この車には愛着があり、なかなか買い替えることができなかった。
これ以上美しい車を見出すことができなかったし、燃費はちょっと悪いがエンジンも悪くない。
でも、古くなったし買い替えようか、いや、やっぱり、ずっとこの車と付き合っていこうか・・・・・、
と、ぐたぐたと煮え切らない気持ちが続いていた。

そうこう迷っているときに、
これだったらまぁ~いいか、という車を発見。
結局、これもまた330ciの後継機だったんだけど、13年目に買い替えることになった。

車検の時期が来ていてディーラーに持っていてもらっている最中で、
下取りに出すと、もう330ciと会うことはなくなってしまう。
車の店まで最後の別れに行ってきた。

そんなに調子が悪いわけではなく、しかも気に入っているのに手放すのだから、本当に車に申し訳ない。
来週には新しい車が来るけど、これまでの車のように思い入れられるだろうか・・・・。

最後に記念写真を撮ってきた。
Img_3991

| Comments (6) | TrackBack (0)

February 07, 2016

清白寺(せいはくじ)

「家づくり学校」の3年生はいろんなところに出かけます。
先日山梨にある国宝の清白寺、大善寺の見学に行った。
清白寺は建築史の中で禅宗様と言われる様式。

Img_3897

僕はどうもこのスタイルが昔からピンと来ない。
鎌倉にも円覚寺舎利殿という禅宗様があるが、世の中の評価ほどには好きになれない。

ただ、この青白磁の内部空間はよかった。
汚れているけど空間の骨格は整然とした秩序があって美しい。

Img_3880

垂木2本を1単位としてみると2と3のリズムで出来上がっている。
この秩序がこの建物を整然とした内部空間にしている。

清白寺の庫裏にもお邪魔したが、、
そこにあったものが珍しく、かつ美しかった。

Img_3893

Img_3889


両方とも琉球のもので、丸いのは泡盛の甕。
で、ミニチュアの家の方はひょっとして遺骨を入れるものかな?と思ったが、
お寺の人に聞いたら、やはりそうなんだそうな。

なかなかの焼き物だったので、帰ってから調べたら
遺骨を納める納骨器、厨子甕(ジーシガーミ)というものだった。

空気穴のような小さな穴は、魂が自由に外に遊びにいけるようにしたものだとか。
民芸運動の柳宗悦もやはり、注目していたようだ。

| Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2016

施主力

完成した家の、完成祝いがありました。
宴もたけなわの途中、サプライズ!
何と、僕の似顔絵を描いたケーキが出てきた。

Img_3941

Img_3937
髪はこんなに黒くはないけど・・・・、嬉しい。

職人の皆さんも、自分のことのように喜んでくれた。
Img_3935

監督の伊藤さん(左)、大工の丸ちゃん(右)にも。
Img_3939

楽しい完成祝いでした。

| Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2016 | Main | March 2016 »