« 落語で完成祝い | Main | 亜米利加旅行Ⅵ 太平洋のあっちとこっち ⅱ »

January 24, 2016

亜米利加旅行 Ⅴ 太平洋のあっちとこっちⅰ

成田からサンフランシスコで乗り替え、ボストンへ行く予定だったが、
入国審査にずら~りと人が並び、ボストン行きの飛行機に乗り遅れ。
何と、次の日の飛行機しかないとのことで、サンフランシスコで足止めを喰らう。
丸一日、ブランクの日ができてしまった。
そりゃー、もったいないと、皆でサンフランシスコ周辺の建築を見ようということになって、
そりゃー、シーランチでしょう、ということになってシーランチ・コンドミアムへ。
シーランチはまだ僕が建築を志す若かりし頃、アメリカの話題の建築だった。
1965年竣工の、建築家チャールズ・ムーアによる作品。
ベトナム戦争や世界中で学生の反乱があり、ビートルズ全盛の、
大量生産や物質主義への反抗に人々が目覚めたころの、
そしてライトやミースなどの巨匠の後の時代の建築作品だ。
当然若かった僕は時代の流れに敏感で、
チャールズ・ムーアやその周辺の建築家にも興味を持ったこともあったから、
一度は見ておきたいと思っていた建築の一つだった。

サンフランシスコからシーランチ詣でには往復すると丸一日かかる。
タクシーの運転手と交渉し、御一行様、計5人を乗せて550ドルで連れて行ってもらうことにする。
アメリカ地図で見るとシーランチはサンフランシスコから金門橋を渡り北に行ったすぐそこ(のようだ)。
ところがアメリカは広い、行けども行けども左に太平洋、右に山並み。
片道4~5時間はかかったかと思う。

Img_2449

アメリカの風景に飽きたころに、さらりとシーランチが現れた。

Img_2472

ところが残念なことに、なんと、Keep out!の看板、エーーーッ。
でも建築家はこのような時、ほとんど図々しい。
Keep out!もなんのその。
だが、しばらくしてPOLICEが!。
どこかに監視カメラが付けてあるのだろう。
おそらく世界中からこの建築を見に来ていて、こんなことは日常茶飯事に違いない。
お巡りさんは優しく、出なさいとの警告、フーーーッ。
こんなところで捕まってしまったら、これまでの人生が水の泡、と僕はおとなしく引き下がる。
だし、ここはアメリカ、ピストルでやられるかもしれない。
でも、若いというのは怖さ知らずか、それでも中に入ろうとする者もいる。
もっとも中といっても中庭の奥で、コンドミニアムの住戸の中に入るわけではないけど。

思い出してみるとこんなことは何度かあった。
せっかく行ったのに、見ることができない建物。
時間とお金を費やして、せっかく日本から来たのに、
これを外すともう二度と見るチャンスはない、と悲壮な思いに陥る。
しかしこの建物、シーランチに関しては、そういう思いがゼンゼンと言っていいくらいに湧いてこない。
今回のアメリカ旅行の目的がカーンの建築だったからかもしれないが、
それにしても今、目の前にあるにもかかわらず、この建築にどうしても会いたいとの熱い思いがわいてこないのだ。
奥の方まで見ているわけではないが、
ショウジキ言ってシーランチって、こんなものか、
との印象が見た瞬間に、すでにできあがったのかもしれない。

Img_2474

それはそのはずだろう、チャールス・ムーアは記念碑的な建物を建てようと思ったわけでもないし、物質文明を批判的に、Gパンのような、これでいいんだよねー、という思いでこの建築を作ったのだから、このようなことを書いても作者は許してくれるに違いない。

でも一方、「中を見てないからだよ、い~よ、中は」と言いそうな建築家の顔も浮かぶけど。


« 落語で完成祝い | Main | 亜米利加旅行Ⅵ 太平洋のあっちとこっち ⅱ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81114/63113514

Listed below are links to weblogs that reference 亜米利加旅行 Ⅴ 太平洋のあっちとこっちⅰ:

« 落語で完成祝い | Main | 亜米利加旅行Ⅵ 太平洋のあっちとこっち ⅱ »