« 亜米利加紀行 Ⅰ | Main | 亜米利加紀行 Ⅲ ボストン »

September 21, 2015

亜米利加紀行  Ⅱ

かつて、アメリカって歴史がないから、いい建物はないよな~、と思っていた僕に、
アメリカ住まいが永かった建て主さんから、
「でも泉さん、アメリカの13州はいいわよ」といわれたことがあった。
アメリカの13州とは、独立当時の13州のことで、今でもアメリカの国旗の横の帯は13ある。

これまでに、いろんな国に行って建築を見てきたが、
そんなことを言われても、アメリカにまで行って建築を見たい、とは思わなかった。
近代建築にそう興味がなかったからだ。
アメリカには近代建築の巨匠たちの作品が山ほどあるが、古い建築はないしなー、と頑なに思っていた。

まぁ、アメリカの建築を全く見なかったかと言うとそうでもなく、フランク・ロイド・ライトやミースなどのいくつかの作品を見たことはあった。

ところで、今度アメリカへ行って驚いたことは、
アメリカって結構、歴史があり、歴史的ないい建物が、あるじゃーんということ。
特に大学は古い建物がたくさん。
ニューヘブンのイエール大学は相当古かった。
ここはヨーロッパと思い間違うほどの、古い雰囲気がある。

Img_2902

Img_2907

Img_2879

よくよく考えりゃ、アメリカはイギリスで産業革命が起こった頃独立したわけだし、このイエール大学などの幾つかの大学は産業革命以前からあったのだから、相当に歴史的建築に属する建築を作ってきたわけだ。
僕が知らなかっただけだけど、意外や意外だった。

« 亜米利加紀行 Ⅰ | Main | 亜米利加紀行 Ⅲ ボストン »