« 偽神主 | Main | 御同輩へおすすめ »

August 12, 2012

3.11その後

復興関係の仕事で東北へ行った。
昨年の津波の後の風景から一変している。
復興が遅い、遅いと言われているが、
瓦礫の山はあっても昔の街区の跡がはっきりとわかる程度まで、
片付いていた。
初めて行った人には津波のあとの悲惨な風景は想像できないだろう。

R0019226

しかも瓦礫はコンクリート、鉄筋、木材・・・、と分別されていて、
ここまで来るのに、その作業は途方もないことだったに違いない。

R0019268

木材だけに分別された山。

R0019276

見た目にはそうであっても、まだ何も解決したわけではない。
しかし、復興への前向きな気持ちを随所に見ることができたのは救いだった。

« 偽神主 | Main | 御同輩へおすすめ »