« 壊されないだけ良かったけど | Main | 地震・津波・原発 Ⅷ  おとなにとっての日常は、働くこと »

July 01, 2011

自邸 Ⅶ   家守

家に帰ると玄関先の漆喰の壁でいつも待っているのがヤモリ君。
湿度の高いこの季節になると現れる。

始めて見た時、アッ何かがいる、
とビックリしたが、よく見ると可愛い。

Tn_r0017301

手が赤ちゃんの手のようだし、
5本の指がペタッと壁にくっついている。

Tn_r0017305

目も可愛い。
腕と足の角度も何とも言えない愛きょう。

明かりに照らされた白い壁に集まる虫を待っているのかも。
ヤモリって、守宮とか、家守と書くんですよね。
こんなに可愛いヤモリ君が守っていてくれるなんて、嬉しくなってしまう。

« 壊されないだけ良かったけど | Main | 地震・津波・原発 Ⅷ  おとなにとっての日常は、働くこと »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81114/52091496

Listed below are links to weblogs that reference 自邸 Ⅶ   家守:

« 壊されないだけ良かったけど | Main | 地震・津波・原発 Ⅷ  おとなにとっての日常は、働くこと »