« いい仕事は、人が見ていなくとも・・・。 | Main | 一つの空間に一緒にいる、って »

September 27, 2010

戦争の日本近現代史

中国との問題で日本の「弱腰外交」が話題になっている。
メディアは読者の興味を引くために、また野党も一斉に政権攻撃のいい材料にしているようだ。

そのようななか以前読んだ加藤陽子著「戦争の日本近現代史」を思い出した。

細かいことは忘れてしまったが、
日本がなぜ明治以降の日清、日露戦争、第二次世界大戦へどのようにして突入してしまったか、
戦争をどのような論法で正当化し、合理化していったかを検証している本だ。

このような時、一読をお勧めしたい本だ。

Photo


« いい仕事は、人が見ていなくとも・・・。 | Main | 一つの空間に一緒にいる、って »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81114/49578355

Listed below are links to weblogs that reference 戦争の日本近現代史:

« いい仕事は、人が見ていなくとも・・・。 | Main | 一つの空間に一緒にいる、って »