« February 2010 | Main | April 2010 »

March 21, 2010

捨己の建築

雑誌の取材で名古屋の八勝館へ。
と言っても八勝館って何?と思われる方のために簡単に説明すると、
かつては魯山人も常宿にしていた旅館で現在は料亭になっている。
八勝館には堀口捨己(すてみ)という建築家が1950年に作った、
「御幸の間」と呼ばれる素晴らしい建築があります。

Tn_rimg6399

Tn_rimg6356

昭和天皇は終戦後、日本各地へ復興視察と国民を励ますために巡行されたが、
この「御幸の間」は名古屋への巡行を契機に宿泊所として作られたものだ。

日本の巨匠と呼ばれる建築家は何人もいるが、
この「御幸の間」を設計した堀口捨己(1895~1984)は、
巨匠の中でも、実は僕が最も尊敬する建築家。

近代建築を見て感動するということはあまりないのだが、
八勝館「御幸の間」には十数年前一度訪れたとき、いたく感動した。
その時はこの建物を見たくて、昼ご飯を食べることで中に入ることができた。
料亭だからそれなりのお値段だったが奮発しての昼御飯。
(建築の勉強にはお金がかかる)

Tn_rimg6473

今回久しぶりに訪れたがやはりいい。
数寄屋建築と言ってしまえばそれだけだが、論理と身体性が溶け合って自由自在。
堀口捨己は大学の研究者でもあったから、
自作においても論理的な空間構成をしていることが読み取れる。
と言って理屈っぽくなく、その論理が身体的空間を生み出すことに生かされている。

僕もこのレベルまで到達できるか、
叱咤される思いがした。

皆さんもぜひ八勝館「御幸の間」を体験してみてください。

| TrackBack (0)

March 14, 2010

嘘も、本当も、

京都って、細かいよなー。
何がって?
建築が。
狭い京都盆地にぎっしりと建物が建てられてきたから、
ちょっとしたスペースでも無駄にしない習性が歴史的に作られてきた。
それに都が長いから文化の集積度も高く、設え、室礼もチマチマしたものになる。
ヨーロッパで言うとベネチアもそう。

一年間京都でやっていた学校が終わり、
主催者の方と行った宮川町のバーの庭の写真です。

Tn_rimg6301

この竹林の庭の奥行きはどのくらいあると思います?
5メーター?10メーター?
いえいえ、多分1.8メーターぐらいでしょう。
なぜこんなに深く見えるかと言うと、向こう側と左右の壁全面に鏡を張ってあるからです。

京都ってホントによくやるわい!と感嘆。
ちっちゃな敷地の隅から隅まで生かしている。

一方、奈良だったらこんなことはやらないだろう。
奈良の文化はおおらかで、ズボッとしている。
「それそのもの」で嘘をつかない。
片や京都は嘘だらけ。
嘘というのは言いすぎか、「見せる文化」と言っていいかもしれない。

学校の主催者の方に夜になると、いろんなところに連れて行ってもらったが、
京都は深い!
東京の僕らには窺い知れないものがある。

で、京都と奈良のどちらが好きかと言うと、
どちらも好き。
そのことは嘘も本当も好き、ということになるのだけど、
どちらにも真実がある、
と言った方がいいのかも。

| TrackBack (0)

March 09, 2010

学校のお知らせ

僕は建築家が本職だが、
ここのところ若手の設計者育成にも時間を費やしています。
一つに日大で教授をやっているが、
その他に来年度は引き続き「家づくり学校」を、それに新しく「泉幸甫住宅デザイン学校」を始めます。

第1期「家づくり学校」は大変好評でした。
これで卒業しまうのはもったいないと、第1期生のために2年生を設けることにし、
引き続き学校に来てくれることになりました。
2年生は座学でなく、材料生産の現場などを見学して回ります。
新たに1年生も募集します。

「泉幸甫住宅デザイン学校」は工務店に勤める人などの基本的設計力向上を目的にした学校で、
「チルチンびと」という住宅雑誌を発行している風土舎(東京神保町)で行います。
こちらの方は取り立てて公募はしてませんが、
設計の基本をしっかり学びたいという方は私の方にメールしていただければ、
入学のチャンスはあります。
こちらの締め切りは20日頃までです。

興味のある方は、是非どうぞ。

| TrackBack (0)

« February 2010 | Main | April 2010 »