« 気になる木 Ⅱ | Main | 地上から昇り、地上に降りる虹 »

July 22, 2009

忍者?左官屋

人砥(じんとぎ)って知ってます?
モルタル(セメントと砂を混ぜたもの)に大理石の石を混ぜて、固め、
その表面を砥石でツルツルに磨き出す工法です。

実はこの人砥、僕が小さいころよくありました。
ほとんどの家の流しがこの人砥ぎでできたものでした。
しかしステンレスの登場で、すっかり世の中から消えてしまいました。

下の写真はこの手法で作った現代版、ジャンボ人砥洗面です。

Tn_rimg5101

白セメントに、アコヤ貝を混ぜて作ったものです。
ところどころアコヤ貝が光っています。

これを作ってくれたのが、
忍者左官、こと小沼充さん。

何で小沼さんのことを忍者左官かというと、
仕事が終わった後がキレイ、だから。
(忍者はそこに来た事さえ知られないように行動する)
下手な左官屋は、材料をポタポタト床にこぼし、
現場が汚くなる。
実際、上手い左官屋が仕事をしている下をくぐっても、
上から材料がこぼれてくることを心配しなくてもよい。

何の職人でもそうだけど、うまい職人は仕事場がキレイ、
それに何というか身のこなし方に無駄がないですね。

それにしても自分から忍者左官、という位だから大したもんだ!


« 気になる木 Ⅱ | Main | 地上から昇り、地上に降りる虹 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81114/45710955

Listed below are links to weblogs that reference 忍者?左官屋:

« 気になる木 Ⅱ | Main | 地上から昇り、地上に降りる虹 »