« やっぱり、勝手な判断は怖い。 | Main | 気になる木 Ⅱ »

July 13, 2009

この木何でこんな形?気になる木。

軽井沢の植木畑でまたまた変な木を発見。

Tn_rimg5052

木には水分や、栄養を送る導管があるが、
この木の導管はどうなっているのだろう?
それぞれの枝の導管束が束になってくっついているだけなのだろうか?
多分そんな感じがする。

でも去年ルーマニアで見た木はどうもそのようには見えない。
軽井沢の木はX型、ルーマニアの木はH型。
ルーマニアの木のブリッジ部分では導管がどうなっているか?
でも、左右の枝からの液体がぶつかるはずはないよな~。

そこで推論。
多分ルーマニアの木は、右からの枝が左の枝にぶつかってくっ付き、その先が枯れてしまった、のではないか?
と思い至った。
だから軽井沢の木もルーマニアの木もこのような形態が生まれたのは同じプロセス、
ということになる。
どうでしょう?

断層写真でも撮ったら解明できるはず。

他にどのようなこととが考えられます?
例えば、ルーマニアの木には砲弾が当たって、穴があいた、等。


« やっぱり、勝手な判断は怖い。 | Main | 気になる木 Ⅱ »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81114/45618783

Listed below are links to weblogs that reference この木何でこんな形?気になる木。:

« やっぱり、勝手な判断は怖い。 | Main | 気になる木 Ⅱ »