« 伊勢、熊野へ Ⅳ | Main | 「フェルマーの最終定理」 「ある日の村野藤吾」 »

December 25, 2008

伊勢、熊野へ Ⅴ

引き続き「木の建築賞」の審査で尾鷲へ。
審査対象の建物を見た後、海岸沿いの道を歩いていたら、
ム、ム、ム・・・・。

Tn_rimg3936

何で車に鳥の置物を・・・・?
もの好きな人もいるもんだ、
(アメリカにはこんな変な事をする人が時々いるけど)
それにしても何で鳥を付けて走っているのだろう?
と、考えていたら、
突然首が動いた、
い・き・て・い・る!!

こんな立派な鳥、東京じゃ見たことない。
しかもトラックの上にとまっている。
尾鷲まで来ると自然がある、すごいな~。
なんて感激していたら、さらに何羽も。

Tn_rimg3953_2

ここは漁港なのだ。
水揚げする魚を狙って鳥がとまっているのだ。

Tn_rimg3948

真っ青な空にカモメも飛んでいた。

Tn_rimg3954


だれ一人いない駅のホーム、鳥と人間の近さ、
久々、脳味噌がクリーンになった感じがした。


« 伊勢、熊野へ Ⅳ | Main | 「フェルマーの最終定理」 「ある日の村野藤吾」 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 伊勢、熊野へ Ⅴ:

« 伊勢、熊野へ Ⅳ | Main | 「フェルマーの最終定理」 「ある日の村野藤吾」 »