« ホームエレベーター | Main | 今度は、僕たちの本の紹介です »

October 09, 2008

もう一つ、お勧めの本

「生物と無生物とのあいだ」です。

Photo

これも話題の本なので読んだ人がいるかも。
二十歳代のころから生物、生態学の本は読んできました。
(実は僕の建築感はこれにかなり影響受けていると思う)

その中でもこの本は出色の出来ばえ。
まず科学者なのに、と言っては失礼でしょうが、
文がうまい。
(本全体の最後の一文などなかなか)
それに平易に、楽しく読ませる。
科学的説明の中に科学者の生きざまなどが分かって楽しい。

生物学者や物理学者は、特に海外の人は哲学的な世界観がある。
偉大な学者は世界観を変える哲学者、思想家なんですね。
だからそれに付き合うには結構骨の折れる。
でもこの本はこれを実にうまく説明している。
ご一読を。

« ホームエレベーター | Main | 今度は、僕たちの本の紹介です »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81114/42737453

Listed below are links to weblogs that reference もう一つ、お勧めの本:

« ホームエレベーター | Main | 今度は、僕たちの本の紹介です »