« November 2007 | Main | January 2008 »

December 24, 2007

今年の初めに…

カンボジアに行きました。
目的はアンコールの遺跡群を見ることもあったのですが、
もう一つの大きな目的は、
カンボジア内戦で崩壊してしまったクメールのシルクの復元をやっておられる森本喜久雄さんに会うため。

森本さんを最初に知ったのは、
たまたま聞いた明け方のラジオ番組でした。
凄い日本人がいる!是非会ってみたい、と思い数ヵ月後、カンボジアに尋ねてみました。

森本さんの何が凄いって?
それは、最近カンボジアから送られて来た森本さんからのメールに、
森本さんの活動についてアメリカのサイトの紹介がありました。
是非見てみてください。

http://www.pbs.org/frontlineworld/rough/2007/06/flwrc51.html

僕がどうこう言うより、これを見るのが一番。
一つ加えておくとすれば、文化はリアルなことから、
ということです。

| TrackBack (0)

December 19, 2007

軽井沢に…、

最近ちょくちょく行っています。
遊びでなく、仕事で・・・です。
もう一年ほど通っているので、
季節ごとに変化する軽井沢の景色を楽しんでいます。

下の写真は高速道路を下りるといつも見る、
夏の妙義山です。

Rimg0693_2


先日見た浅間山です。

Rimg1833


車の外は0度。
もうすっかり冬です。

| TrackBack (0)

December 17, 2007

左官は多様性…Ⅱ

超ドキュウの左官壁です。

Rimg5307

この壁は京都大徳寺の中にある玉林寺の茶室、蓑庵(さあん)の壁です。
この茶室は3畳ほどの大きさで、
光が抑制され、かろうじて天窓で部屋全体に光が行き渡っています。
そんな薄暗い中でよく見ると魂が叫んでいるような、
珠玉の土壁です。

Rimg5279


この壁とともに建築を構成するさまざまな部位が統合し、
一つの空間が出現しています。

| TrackBack (0)

December 14, 2007

左官は多様性

前回に引き続き「左官」です。
同じ左官屋が塗った壁です。

Rimg1283

近くから見ると均一ではありません。
いろんなモノが、いろんな形をして混じっています。
他のモノと絡み合っています。
見る距離によって違ったテクスチャーに見えます。

土の色も産地によってさまざま。
混ぜる藁や砂もさまざま。
塗る人によって表情が変わります。
塗った場所により経年変化もさまざま。

左官仕事は、まず環境を受け入れることによって成立します。
そして左官壁は、環境を受容します。
だから個性的です。

| TrackBack (0)

December 11, 2007

これだから・・・、

左官壁はやめられない。

つい最近、妻沼に小住宅が完成しました。
左官屋がなかなかの腕前でした。

Rimg1277

美しい!深い!
これだから左官の壁はやめられない。

| TrackBack (0)

December 09, 2007

現在「チルチンびと」で・・・

連載中の「作り手からの提言」は今月お休みです。
載ってないので、終わったの?
と問い合わせがありましたが、
出版社の紙面構成の都合で、
今月はおやすみ、ということになりました。
次号からまた読んでください。
でも、住宅の作品は載っています。

ところで先月出来上がった国分寺の住宅にジャンボ座卓を入れました。
長さ2.7m、幅1.2~1.4m。
部屋が広いのでそう大きく見えませんが、
広間にドカンと鎮座しています。
この座卓の周りでは日々の様々なことが繰り広げられるでしょう。
いわばこの家の中心。

Rimg1621

作ってくれたのは甲府で家具作りをやっている古市さん。
古市さんとの対比で大きさがわかるでしょう?

Rimg1612_2

こんな家具を作るのは大変。
板を一人では持ち上げられない。
普通の大きさの家具とは違った問題が出てきます。
板をひっくり返すだけでも大変。
だから無事収めることができ、放心状態のよう。

作った古市さん、満足そうです。
純真な気持ちを持ってモノを作っている人はいいですね。

| TrackBack (0)

December 06, 2007

落葉ではありませんが・・・

この枯れ葉も美しかった。
ドイツで見た蔦の紅葉です。

216_3

緞帳のようです。


| TrackBack (0)

December 02, 2007

ケヤキの…

葉もやっぱりひっくり返っている。

Rimg1661

ここ2~3日、枯れ葉の落ち具合、裏が上か表が上か?が気になって仕方ない。
いろんな所を観察したが、
もちろん、裏、表が半々というのもあったが、
どちらかというと裏が上というのが多い。
事務所のあるマンションのケヤキの枯れ葉も、上の写真のようにおおかた裏返しになっていた。

どうも葉の形状、それに葉が落ちる地面の状態、風があるなし、に関係があるようだ。
一番目の葉の形状は、反っているかどうか、
落ちるところの形状は、コンクリートのように平らか、あるいは草のように凸凹したところか、
風は葉の安定的な状態にする強さ加減、
じゃないのかな~?

11月1日の「庸主」さまの書き込みですが、
どんな所に落ちていたのでしょう?
気になるところです。

ところで下の写真はイギリスの庭園で撮った落葉。

171g

花のよう、奇麗でしょう?

| TrackBack (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »